RitoLabo

カテゴリ PHP

LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

  • PHP

※ver5.7対応済み【Laravel migration(マイグレーション)機能/カラム編集[追加/変更/削除]編】今回はLaravel5のmigration(マイグレーション)で、作成したテーブルに対して、カラムの追加、変更、削除などを行います。開発を続けていくと、テーブルにカラムを追加する必要があったり、初期で決めたカラムの定義を変更する(カラム名の変更・最大文字長の変更など)必要も出てくる場合があります。その場合にも、マイグレーションで構築が可能です。

Laravelのマイグレーション&スキーマビルダでDBのテーブルやカラムを作成する

  • PHP

ver5.7対応済み【Laravel migration(マイグレーション)/テーブル作成編】Laravelにおけるmigration(マイグレーション)とは、Laravel内でのスクリプトを用いてデータベース情報を管理していく事です。通常、データベースを構築するには、mysqlへログインし、SQL文を発行し、開発ならテストデータを入れて…などといった工程がありますが、Laravelでは、このマイグレーション機能を使えば、それをコマンド1発で、しかも…

LaravelのコマンドスケジューラでDBのバックアップを行う定時処理(Cron)を構築する

  • PHP

PHPフレームワークでWEBアプリケーションを構築しているのであれば、cronに登録し定時処理を行うプログラムもそのフレームワーク内で書くべきです。そうする事によって、データベースなどの設定情報が散らばってしまう事を防げますし、フレームワーク内に定時処理のソースがある事で管理も楽になります。

【最新】PHPフレームワークLaravelのインストール入門編[5.7/5.6/5.5]

  • PHP

[ver 5.7/5.6/5.5 対応]Laravelの入門編としてインストール方法を解説します。もはやPHPフレームワークとして不動の地位を築いたといっても良い人気のフレームワークです。インストールにはcomposerを使用します。

【WEBアプリ高速化】Laravel5「laravel page speed」パッケージを使い、HTMLをminify(圧縮)する

  • PHP

【WEBアプリケーション表示速度高速化シリーズ第三段】Laravel5のパッケージ「laravel page speed」を使い、HTMLをminify(圧縮)します。HTMLに関しては内容が変更になる確率が高いのでキャッシュは行わない事が推奨されていますが、出来るだけ高速に処理される施策は行っておきたいところです。