RitoLabo

カテゴリ PHP

LaravelのFakerとSeedingでダミーデータを自動生成しデータベースへ投入する

  • PHP

Laravelにてマイグレーション実行時にシーディングにて初期データを投入しますが、その際に、Fakerにてダミーデータを生成して登録していきます。開発時にユーザデータや商品情報などのテスト用のデータを用意する必要があった時でも、LaravelではFakerというライブラリを使えば、テスト用のフェイクデータを自動で何件でも生成してくれます。

LaravelのSeeding(シーディング)でデータベースへ任意の初期データを自動投入する

  • PHP

Laravelには、「シーダクラス(初期値設定クラス)」というものがあり、データベースへ初期データを簡単に投入できます。例えば、マイグレーションでデータベースを構築し、シーディングで初期データを投入するようにしておけば、いつでもデータベースの再構築と初期データの投入までを行えます。

LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

  • PHP

※ver5.7対応済み【Laravel migration(マイグレーション)機能/カラム編集[追加/変更/削除]編】今回はLaravel5のmigration(マイグレーション)で、作成したテーブルに対して、カラムの追加、変更、削除などを行います。開発を続けていくと、テーブルにカラムを追加する必要があったり、初期で決めたカラムの定義を変更する(カラム名の変更・最大文字長の変更など)必要も出てくる場合があります。その場合にも、マイグレーションで構築が可能です。

Laravelのマイグレーション&スキーマビルダでDBのテーブルやカラムを作成する

  • PHP

ver5.7対応済み【Laravel migration(マイグレーション)/テーブル作成編】Laravelにおけるmigration(マイグレーション)とは、Laravel内でのスクリプトを用いてデータベース情報を管理していく事です。通常、データベースを構築するには、mysqlへログインし、SQL文を発行し、開発ならテストデータを入れて…などといった工程がありますが、Laravelでは、このマイグレーション機能を使えば、それをコマンド1発で、しかも…

LaravelのコマンドスケジューラでDBのバックアップを行う定時処理(Cron)を構築する

  • PHP

PHPフレームワークでWEBアプリケーションを構築しているのであれば、cronに登録し定時処理を行うプログラムもそのフレームワーク内で書くべきです。そうする事によって、データベースなどの設定情報が散らばってしまう事を防げますし、フレームワーク内に定時処理のソースがある事で管理も楽になります。