RitoLabo

カテゴリ PSR

【PHP】PSR-6 Caching Interface(キャッシングインターフェイス)

  • PHP

PSR-6は、PHPにおけるキャッシュ操作(システム・ライブラリ作成)についての標準を策定しています。このPSRの目的は、開発者がカスタム開発を必要とせずに既存のフレームワークとシステムに統合できるキャッシュ対応ライブラリを作成できるようにすることです。

【PHP】PSR-4 Autoloader(オートローダー)

  • PHP

PSR-4の目的は、ネームスペースをファイルシステムパスにマップし、他のSPL登録オートローダーと共存できる相互運用可能なPHPオートローダーのルールを指定することです。 これはPSR-0に代わるものではありません。

【PHP】PSR-3 Logger Interface(ロガーインタフェース)

  • PHP

PSR-3では、ロギングライブラリの共通インタフェースについて定義されています。ライブラリが Psr\Log\LoggerInterface オブジェクトを受け取り、ログを簡単で共通化された方法で書き込むことができるようにすることが、このドキュメントの目的です。フレームワークやCMSを拡張する際もPSR-3に準拠することによって、ログライブラリはロギングに集中する事が出来ます。

【PHP】PSR-2 Coding Style Guide(コーディングスタイルガイド)

  • PHP

PSR-2は、基本的なコーディング標準であるPSR-1を拡張し、PHPコードをどのようにフォーマットするかについての共通の規則を定めています。このベーシックなガイドラインをメンバーと共有しプロジェクトを進める事で、コードの共通化や、ソースコードリーディングの時間短縮を図る事ができます。