RitoLabo

カテゴリ Laravel

Laravelのキュー投入によるジョブ処理を導入する

  • PHP

Laravelのジョブキュー処理を実装すると非同期での処理を実現でき、ユーザへのレスポンスを劇的に早める事ができます。メール送信やログ処理など、ユーザへのページ表示に関係なくかつ重たい処理の場合はコントローラで処理するのではなく、処理をキューへ投入しジョブ処理を行いましょう。

Laravelのイベント&リスナを使ってObserverパターンを実装する

  • PHP

Laravelのイベント&リスナを使ってObserverパターンを実装します。この仕組みを使うと、処理の独立化や遅延処理など、便利&良い事が多く、上手く使いこなすと幸せになれます。オブザーバパターンとはデザインパターンの一つです。監視される側と監視する側の関係を持つプログラム構造で、監視される側の変化(イベント=発行)を、監視する側(リスナー=購読)がキャッチして処理を行う。という流れになります。

LaravelにReactを導入する。Vue.js→Reactへスカフォールド切り替え

  • PHP

【5.6対応済み】これまでLaravel5では、フロントエンド開発においてJavaScript側にVue.jsをベーシックとして提供していましたが、5.5からはReact.jsも選択できるようになりました。今回はLaravelをインストール後、VueではなくReactを導入し、開発を開始できるまでを行っていきます。

Laravel5.5のSocialite(ソシエリート)で手軽にSNSソーシャルログイン機能(OAuth認証)を実装する

  • PHP

CMSや掲示板などでログイン機能を実装する際に、最近ではソーシャルログイン機能(OAuth認証)と言って、TwitterやfacebookなどのSNSのアカウントを利用してログインを行う流れが主流になっています。今回は、Laravel5.5のSocialiteパッケージで、手軽にSNSソーシャルログイン機能(OAuth認証)を実装してみたいと思います。5.4と5.3でのみ同様の手順で実装できます。

Laravel5.4を5.5へアップデートする入門編。PHPフレームワークは怖くない。

  • PHP

メジャーバージョンアップの時はあれがこれにこれがあれにと変更されて…アップデートした途端にエラー吐きまくってまともに動かなくなり…というのは、抱きがちな不安の種の一つです。ですがLaravelをどの程度まで深く使っているかによっては(基本MVC程度とか)案外素直にアップデート出来てしまいます。