Ritolabo
  1. Home
  2. PHP
  3. Laravel

カテゴリ

LaravelとAWS SESを使ってAPIメール送信を行う(Mailableクラス&SimpleEmailService)

  • Laravel
LaravelとAWS SESを使ってAPIメール送信を行う(Mailableクラス&SimpleEmailService)

今回はAWSのSES(SimpleEmailService)を使ったメール送信を行います。Amazon SESはAPIメールの中でも特に優秀です。AWSでWEBアプリケーションを運用している場合はLaravelとSESの組み合わせはとてもおすすめです。

Laravelミドルウェアの基本入門(&出力HTMLをminifyしWebサイト高速化)

  • Laravel
Laravelミドルウェアの基本入門(&出力HTMLをminifyしWebサイト高速化)

Laravelが動作する一連の動作の中に「ミドルウェア」というメカニズムがあります。HTTPリクエストに対してその入口と出口で動作し、認証からバリデーション、コンテンツ置換など様々な処理を行う事のできる。しかし一見表には出てこない影忍者のような万能メカニズムです。今回は、Laravelミドルウェアの入門的なフローの解説もしつつ、せっかくなのでWEBサイトの高速化を行ってみたいと思います。

Laravelで大容量CSVファイルをSplFileObjectクラスで確実に処理する

  • Laravel
Laravelで大容量CSVファイルをSplFileObjectクラスで確実に処理する

LaravelなどのPHPフレームワークで業務システムを構築していると必ずと言って良いほどついて回るのがCSVを扱う機能です。CSVアップロード・インポート・エクスポート・ダウンロード…と、クラウド基幹システム系には切っても切り離せない機能だと思います。今回はLaravelでのCSVデータ処理について、ファイルサイズに左右されずに安定して処理を回せる機能を実装します。

Laravelで独自の動的エラーページ(404/503 etc)を手早く作成する(多言語対応も)

  • Laravel
Laravelで独自の動的エラーページ(404/503 etc)を手早く作成する(多言語対応も)

Laravelのエラーページをカスタマイズし、オリジナルのものを出力します。多言語化対応も行います。また、独自エラーページを作成した後に表示確認を行う方法として、エラーを発生させるルーティングを組むと簡単に確認できるので、その方法も解説します。

Laravelの認証機能をログイン失敗回数によってロックしログイン制限を掛ける

  • Laravel
Laravelの認証機能をログイン失敗回数によってロックしログイン制限を掛ける

【Laravel Auth認証機能拡張 第4弾】LaravelではAuth認証機能でログイン画面を構築した場合、既にログインのロック機能が実装されています。デフォルトでは、ログインに5回失敗すると同一IPアドレスに対して60秒のログインロックがかかります。今回は、この認証制限についての設定をカスタマイズしていき、その仕組みについても紹介していきます。

Author

rito

rito

  • Backend Engineer
  • Tokyo, Japan
  • PHP 5 技術者認定上級試験 認定者
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • 統計検定 3 級