Ritolabo
  1. Home
  2. PHP
  3. Laravel

カテゴリ

LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

  • Laravel
LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

【Laravel migration(マイグレーション)機能/カラム編集[追加/変更/削除]編】今回はLaravel5のmigration(マイグレーション)で、作成したテーブルに対して、カラムの追加、変更、削除などを行います。開発を続けていくと、テーブルにカラムを追加する必要があったり、初期で決めたカラムの定義を変更する(カラム名の変更・最大文字長の変更など)必要も出てくる場合があります。その場合にも、マイグレーションで構築が可能です。

Laravelのマイグレーションで DB のテーブルやカラムを作成する

  • Laravel
Laravelのマイグレーションで DB のテーブルやカラムを作成する

Laravel の migration(マイグレーション)とは、Laravel内でのスクリプトを用いてデータベース情報を管理していく事です。

LaravelのコマンドスケジューラでDBのバックアップを行う定時処理(Cron)を構築する

  • Laravel
LaravelのコマンドスケジューラでDBのバックアップを行う定時処理(Cron)を構築する

PHPフレームワークでWEBアプリケーションを構築しているのであれば、cronに登録し定時処理を行うプログラムもそのフレームワーク内で書くべきです。そうする事によって、データベースなどの設定情報が散らばってしまう事を防げますし、フレームワーク内に定時処理のソースがある事で管理も楽になります。

PHPフレームワークLaravelのインストール入門編

  • Laravel
PHPフレームワークLaravelのインストール入門編

Laravelの入門編としてインストール方法を解説します。もはやPHPフレームワークとして不動の地位を築いたといっても良い人気のフレームワークです。インストールにはcomposerを使用します。

【WEBアプリ高速化】Laravel5「laravel page speed」パッケージを使い、HTMLをminify(圧縮)する

  • Laravel
【WEBアプリ高速化】Laravel5「laravel page speed」パッケージを使い、HTMLをminify(圧縮)する

【WEBアプリケーション表示速度高速化シリーズ第三段】Laravel5のパッケージ「laravel page speed」を使い、HTMLをminify(圧縮)します。HTMLに関しては内容が変更になる確率が高いのでキャッシュは行わない事が推奨されていますが、出来るだけ高速に処理される施策は行っておきたいところです。

LaravelのFlysystem-aws-s3でAmazon S3と連携しファイル操作を行う

  • Laravel
LaravelのFlysystem-aws-s3でAmazon S3と連携しファイル操作を行う

【5.6対応済み】Laravelにleague/flysystem-aws-s3-v3パッケージを導入し、Amazon S3と連携します。ファイルのアップロードから読み出しなど一通りのファイル操作を行います。Amazon S3は容量無制限のストレージに併せて高可用性を兼ね備え、且つレスポンスも速く表示スピードのボトルネックにもならない非常に優秀なクラウドストレージです。

Author

rito

rito

  • Backend Engineer
  • Tokyo, Japan
  • PHP 5 技術者認定上級試験 認定者
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • 統計検定 3 級