RitoLabo

カテゴリ CakePHP

CakePHP3のトランザクションとtry/catchと例外処理と。

  • PHP

CakePHPのコントローラ内にtry/catchを仕込み、トランザクションの一連の処理を実装します。データベースを絡めた処理の場合に、その整合性を保つ為に、エラーが出たら処理前の状態に戻して終了させたい場合があります。そんな時に必要なのは、トランザクションという仕組みです。また、それを実現する為に基本的には、エラーが発生し例外が投げられた際にそれをキャッチし独自の処理を実装する必要があります。

CakePHPにAWS SDK for PHPを導入しS3のファイル操作を行う

  • PHP

PHPからAWS S3を操作するには専用のSDKである「AWS SDK for PHP」が用いられますが、CakePHPにそれを導入し、一連のファイル操作を行います。ファイル操作にはリスト取得・アップロード・ダウンロード・削除・コピー・移動が主なものになりますが、今回はそれら全てをコンポーネントで実装していきます。

CakePHP3でメッセージやテキストのローカライズ(多言語化)を行う。英語から日本語へ

  • PHP

WEBアプリケーション構築の際に日本語だけでなく、英語や中国語などにも対応させたい場合があります。CakePHPでは、翻訳ファイルを用いてテキストや動的なメッセージを多言語化する事が可能です。ともするとCakePHPのメッセージはデフォルトで英語なので、それらを日本語化したい場合も多いと思います。今回は、i18n シェルを用いて翻訳ファイルを作成し、テキストやメッセージの日本語化をまず行います。

CakePHPの認証機能に最終ログイン日時の記録を追加する(ビヘイビア/イベント)

  • PHP

CakePHPの場合、認証コンポーネントを使う事で簡単にログイン機能を構築できますが、最終ログインの記録部分に関してはデフォルトでは機能実装は行われていませんが、ビヘイビアとイベントを使う事で簡単にその機能を構築する事ができます。