Ritolabo
  1. Home
  2. PHP

カテゴリPHP

Laravel5.5で自作helper(ヘルパー)ファイルを複数追加できる仕組みを作る

  • Laravel
Laravel5.5で自作helper(ヘルパー)ファイルを複数追加できる仕組みを作る

Laravelに限らずPHPフレームワークにて開発を進めていると、自作のhelper(ヘルパー)関数が必要になった時に、それらをどう管理していくかというのは毎回悩ましいところでもあります。今回は、機能ごとに複数のヘルパーファイルを作成しても、それを自動的にLaravelがヘルパー関数として読み込んでくれる仕組みを作りたいと思います。

Laravel Mix(Webpack)を導入しsassやJavaScriptをコンパイル/minifyする

  • Laravel
Laravel Mix(Webpack)を導入しsassやJavaScriptをコンパイル/minifyする

LaravelにビルドツールであるWebpackを導入(Laravel Mix)して、sassやJavaScriptをビルドしたりminifyできる環境を作りましょう。sassやLessなどのCSS周り以外にも、ReactをはじめES2015・ES2016等、Babelなどのトランスパイラの必要なJSなどに対してもコンパイルが行えます。

Laravel5のCollection(コレクション)クラスで配列・オブジェクトを任意のキーでソート(並び替え)する

  • Laravel
Laravel5のCollection(コレクション)クラスで配列・オブジェクトを任意のキーでソート(並び替え)する

Laravelには、Collection(コレクション)クラスというものが存在しており、配列データに対して様々な処理を行う事が出来ます。PHPでは、連想配列(多次元配列)のソート手段としてarray_intersect()という関数が有名ですが、これは純粋な連想配列にのみ有効であり、昨今のPHPフレームワークのように、取得結果にオブジェクトを含む形だとソートは行えません。Laravelの場合、こういったデータの塊に対して、簡単にソートを行う事が出来ます。

LaravelのFakerとSeedingでダミーデータを自動生成しデータベースへ投入する

  • Laravel
LaravelのFakerとSeedingでダミーデータを自動生成しデータベースへ投入する

Laravelにてマイグレーション実行時にシーディングにて初期データを投入しますが、その際に、Fakerにてダミーデータを生成して登録していきます。開発時にユーザデータや商品情報などのテスト用のデータを用意する必要があった時でも、LaravelではFakerというライブラリを使えば、テスト用のフェイクデータを自動で何件でも生成してくれます。

LaravelのSeeding(シーディング)でデータベースへ任意の初期データを自動投入する

  • Laravel
LaravelのSeeding(シーディング)でデータベースへ任意の初期データを自動投入する

Laravelには、「シーダクラス(初期値設定クラス)」というものがあり、データベースへ初期データを簡単に投入できます。例えば、マイグレーションでデータベースを構築し、シーディングで初期データを投入するようにしておけば、いつでもデータベースの再構築と初期データの投入までを行えます。

LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

  • Laravel
LaravelのMigration(マイグレーション)でテーブルのカラムを追加・変更・削除する

【Laravel migration(マイグレーション)機能/カラム編集[追加/変更/削除]編】今回はLaravel5のmigration(マイグレーション)で、作成したテーブルに対して、カラムの追加、変更、削除などを行います。開発を続けていくと、テーブルにカラムを追加する必要があったり、初期で決めたカラムの定義を変更する(カラム名の変更・最大文字長の変更など)必要も出てくる場合があります。その場合にも、マイグレーションで構築が可能です。

Author

rito

rito

  • Backend Engineer
  • Tokyo, Japan
  • PHP 5 技術者認定上級試験 認定者
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • 統計検定 3 級