RitoLabo

アーカイヴ 2018-02

CakePHP3にcakephp3-elixirを導入しSassやJavaScriptのコンパイル・ビルド環境を構築する

  • PHP

CakePHPのようなPHPフレームワークを使ってWebアプリケーションを構築する際にフロントエンド側でsassやlessなどを使ってCSSを作成していく事は今や当たり前になってきました。webpackなどを手動で導入しても良いのですが、今回は気軽に素早く環境を導入できる「cakephp3-elixir」というパッケージを使ってSassやJavaScriptのコンパイル・ビルド環境を構築したいと思います。

Laravel5.5から5.6へアップグレードする

  • PHP

Laravel 5.5 から 5.6 へのアップグレードを行います。2018年2月7日にLaravel5.6がリリースされました。前バージョンの5.5に関してはLTS(Long Term Support)ではありましたが、PHP7.2やSymfony4の登場によって、5.6ではそこそこの変更点があります。

CentOS7のPHP7.1を7.2にアップグレードする[remi]

  • PHP

2017年11月30日にPHP7.2がリリースされました。7.2ではMcrypt拡張の削除など、WEBアプリケーション、特にPHPフレームワークのコア部分にも影響のある変更点もあるので、古いまま使っているとあるタイミングでバージョンを上げようとしても色々と大変になってしまいます。なるべくPHPコアソースやフレームワークのバージョンは最新に保っていく事が運用の面でも良いと思います。

CakePHP3のモデルとFormクラスの混合バリデーションでフォーム&登録機能を構築する

  • PHP

フォーム機能を構築する際に、CakePHPでは一般的にモデルが絡むバリデーションはTableクラスで定義したバリデーションルールに則って行いますが、複合的なフォームを構築する際は、そこに該当しないバリデーションが必要になる時があります。今回はModel側(Tableクラス)でのバリデーションとFormクラスのバリデーションを混合させたフォーム機能(入力+検証+登録)を構築します。

CakePHP3のFormクラスとカスタムバリデーションを使ってファイルアップロード機能を構築する

  • PHP

CakePHPでWebアプリケーションを構築していると、直接モデルとは関係のない(データベースを絡めない)フォームとバリデーションを用いた機能一式が必要になる時があります。そこで今回は、CakePHP3の「Formクラス」「カスタムバリデーション」を用いて、ファイルのアップロード機能を構築します。