RitoLabo

AWSの無料アカウントを作成する(Amazon Web Services)

  • 公開:
  • 更新:
  • カテゴリ: AWS
  • タグ: AWS,Account

AWS(Amazon Web Services)のEC2やS3を使うには、まず、AWSアカウントを作成する必要があります。AWSには1年間(12ヵ月)の無料利用枠がついてきますので、気軽にアカウントを作る事が出来ます。それでは実際の画面遷移を見ながら、AWSアカウントの作成までを行っていきましょう。

AWSへアクセスする

まずはアカウントを作成するために、AWSのサイトへアクセスしましょう。
https://aws.amazon.com/
画面右方向にわかりやすく「まずは無料ではじめる」というボタンがありますので、クリックします。
(ボタンは2つありますが、どちらでもOK)

AWSトップページ

AWSアカウントの作成

次のページに進むと、AWSアカウントの作成フォームが表示されるので、入力していきます。

AWSアカウントの作成フォーム画面

AWSアカウント名
任意のアカウント名を入力します。
E メールアドレス
通知・確認などが届くので、有効なメールアドレスを入力してください。
パスワード
任意のパスワードを入力します。パスワードの命名条件は以下の通りです。
  • 最低 8 文字以上。
  • 最低 3 種類の次の文字を含む : 大文字、小文字、番号、非英数字の記号 - 例えば !@#$%^&*()_+-=[]{}|'
  • AWS アカウント名または E メールアドレスと同じでないこと
パスワードの確認
上記で入力したパスワードと同じものを入力します。

入力が終わったら「続行」ボタンをクリックして先に進みましょう。

連絡先情報の入力

次のページは、連絡先情報の入力です。全てが必須項目なので、余すことなく入力していきます。

連絡先情報の入力画面

アカウント種別の選択
会社のアカウントか。個人のアカウントかを選択します。 法人契約でなければ、個人アカウントを選択します。
フルネーム
「フルネーム」と記載されているが、前のページで入力したアカウント名がそのまま入力されている…ひとまずそのままでいいか。
国/地域
プルダウンで住んでいる国を選択します。
アドレス
1行目には、番地・号情報を入力します。
例)1行目:1-2-3
2行目には、マンション名やビル名、部屋番号を入力します。ローマ字・英語で入力します。
例)2行目: 〇〇building 123
市区町村
市区町村名を入力します。「郡」がある場合は、ここに入力します。ローマ字で入力します。
例)Minato-ku、osaka shi、etc...
都道府県または地域
都道府県を入力します。漢字ではなく、ローマ字で入力します。
例)tokyo、osaka etc...
郵便番号
郵便番号を入力します。
例)123-4567
電話番号
電話番号を入力します。
例)09012345678

入力が終わったら、AWS カスタマーアグリーメントにチェックを入れ、「アカウントを作成して続行」ボタンをクリックします。

支払情報の入力

支払情報を入力します。AWSアカウントの作成の際は、クレジットカード情報の登録が必須です。
必要情報を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

支払情報の入力画面

本人確認

電話による認証を行います。画像認証、国コード、電話番号(会社の電話の場合は内線番号も)を入力し、「すぐに連絡を受ける」ボタンをクリックします。

本人確認画面入力

すると画面が切り替わり、PIN番号が表示されると共に、入力した電話番号へ電話がかかってきます。

本人確認画面PIN番号表示

電話は音声ガイダンスで、PIN番号を入力するようにアナウンスされますので、PIN番号を入力します。
正しく認証されると、「認証されました」とアナウンスされます。そしたら電話認証は完了です。

ちなみに「PIN番号が正しく認証できない」的な事を言われた場合は、めげずに再度その場でPIN番号を入力してみてください。
正しい番号を入力すれば、一度間違えても、認証できます。

電話認証が完了すると、本人確認画面も終了ステータスになりますので、「続行してサポートプランを選択」ボタンをクリックします。

本人確認画面終了

サポートプランの選択

次はサポートプランを決めます。
サポートプランとは、簡単に言えばAWSへの問い合わせのプランです。
無料で使いたい場合はベーシックを選択すればOKです。
ちなみに、技術的な問い合わせを行いたい場合はベーシックではできないので、開発者プラン以上に入る必要がありますが、有料です。
まあ大抵の場合は不要なので、ベーシックで問題はありません。

サポートプランの選択画面

選択したら、「続行」ボタンをクリックします。

アカウント作成完了

アカウント作成完了画面

これで無事にAWSの無料アカウントの作成が完了しました。
それではさっそく、「マネージメントコンソールを起動」ボタンをクリックし、コンソールを立ち上げてみましょう。

AWSマネジメントコンソールの起動画面

無事にマネジメントコンソールを起動できました。
これにて無事に、AWSアカウントの作成は完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?AWSアカウントは、誰にでも手軽に作成する事が出来ます。
アカウント作成の為に、必要なものをまとめると

  • インターネットにつながる環境(申し込みに必要)
  • クレジットカード(支払い情報の入力に必要)
  • 電話(プッシュ回線で、電話を受ける事の出来る端末)(PIN番号の入力に必要)

以上三点になります。
アカウント作成から1年間は色々と無料枠もあるので、是非試してみてください。