RitoLabo

ユニバーサルアナリティクス(UA)から Google アナリティクス 4(GA4)に移行する

  • 公開:
  • 更新:
  • カテゴリ: Google Analytics
  • タグ: Google Analytics

Google Analytics(GA)において、2023 年 7 月 1 日(GA360 は 2023 年 10 月 1 日)にユニバーサルアナリティクス プロパティ(UA)での計測が停止するとのことで、GA4 への移行を行うにあたり、新しいプロパティである Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)への移行についてまとめました。

目次
  1. はじめに
  2. なぜ GA4 に移行しないといけないのか
  3. Google Analytics が UA を終了し GA4 へ移行する背景
  4. UA と GA4 で変わること
  5. いつ GA4 に移行するのが良いのか
  6. UA と GA4 は同時に利用できる
  7. UA のデータは活かせないのか

はじめに

略語が多めに登場してややこしいので最初に整理だけしておきます。本記事で使う略語はそれぞれ以下に対応しています。

  • GA:Google Analytics(Google アナリティクスそのものを指しています)
  • UA:ユニバーサルアナリティクス プロパティ(終了となる従来の計測方式を指しています)
  • GA4:Google アナリティクス 4 プロパティ(移行する新しい計測方式を指しています)

なぜ GA4 に移行しないといけないのか

ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了します
https://support.google.com/analytics/answer/11583528?hl=ja

発表の通り、従来の UA では、2023 年 7 月 1 日を以て計測が行われなくなります。つまり、GA の UA 画面を見ても何もデータが入ってこなくなります。

計測停止後も GA 上の UA 画面は見られるみたいですが、それも 6 ヶ月後くらいに見られなくなります。

Google Analytics が UA を終了し GA4 へ移行する背景

UA は web サイトの計測を想定しています。

一方で昨今では、ネイティブアプリ(スマホアプリ)も当たり前の時代になり、クロスデバイスでの計測やネイティブアプリ計測など、web アプリケーションに限らずこういったアプリの計測もスムーズに行えるように最適化された GA4 が発表されました。

UA と GA4 で変わること

マーケター的には「画面 UI が変わる」という部分、エンジニア的には「計測方法が変わる(セッション(ヒット)単位からイベント単位へ)」というのが大きく変わることと言えそうです。

レポートとか作成して GA の画面を眺めるのが日課になっている人には新しい UI への慣れが課題になりそうですが、エンジニア的にはイベントベースの計測となったことで、実はシンプルになったんじゃないか感はあったりします。(やれイベントだ PV だっていうのが一本化された、という意味で)

ただし、GA4 になると API 関連も変更あるはずので(スキーマが異なるため)、Reporting API を使っていたりする場合はそこの対応は必要になりそうです。

いつ GA4 に移行するのが良いのか

できるだけ早く移行するのが最良です。なぜかというと「UA の計測データは GA4 には引き継がれない」からです。

どういうことかというと、UA と GA4 は GoogleAnalytics で見る画面が別になります。GA4 で計測を開始した場合、GA4 の画面で見られる数値は GA4 で計測したものだけです。

GA4導入直後のデータ

こんな感じで、GA4 の画面に UA で計測していた時のデータは入ってこないため、事実上これまでの UA での計測データとはさよならしなければなりません。

つまり、過去データがどれだけの範囲必要かによって前もって GA4 での計測を始めておく必要があるということです。

UA と GA4 は同時に利用できる

UA から GA4 に移行すると、それまで見れていた指標がすべて見れなくなり、完全にゼロの状態からスタートするのか?というのが心配になりますが、UA と GA4 はサポート終了までは同時に利用できます。

さらに前述の通り GA 上の画面としても UA と GA4 は別になるので、ひとまず GA4 での計測も開始しておき、2023 年 7 月 1 日 までは移行期間として UA の画面と GA4 の画面を両方見つつ、段々と GA4 の UI に慣れていく。ということも可能です。

UAとGA4の画面を並べて見る

さらに、GA4 はこれで完成ではなく、UA サポート終了までにも機能追加がおそらく行われていくのではないかと思われるので、そういった意味でも、サポート終了までは UA と GA4 を併用していくという使い方が現時点では良いと思います。(UA にあったのに GA4 ではあれが見れないこれが見れないがもしあった場合に、それがもしかしたら今後見れるようになるかもしれないという意味で。どうなるかわかりませんがここは現時点で諦めるというよりも、継続して情報収集していく姿勢の方が正解だと思います。)

UA のデータは活かせないのか

せっかくこれまで UA で溜めてきたデータがさらっと無くなるのに納得がいかない人もいると思います。

UA で溜めたデータはエクスポートして CSV やスプレッドシート等で落とすか、Reporting API で過去のデータを引っ張ってきてどこかに保存することで救出はできそうです。

レポートのエクスポートと共有
https://support.google.com/analytics/answer/1038573
Google アナリティクス Reporting API
https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/v4

UA と GA4 ではスキーマが異なるので、UA のデータを取り出せても両者を統合して分析するとしたら工夫が必要になりますが、ひとまず、UA のデータを取り出すこと自体はできそうです。

まとめ

ユニバーサルアナリティクスのサポート終了アナウンスが出たのは 2022 年 3 月 16 日

Prepare for the future with Google Analytics 4 - Google Marketing Platform
https://blog.google/products/marketingplatform/analytics/prepare-for-future-with-google-analytics-4/

本記事執筆が同年 4 月 23 日、そしてサポート終了が 2023 年 7 月 1 日、ということで、今から切り替えても GA4 に 1 年以上のデータは溜められそうです。

結局のところ何をしても移行待ったなしのため、早めに対応するのが最良であることには変わりありません。

次の記事では、実際に移行作業を行っていきたいと思います。