RitoLabo

Supervisor を実際に操作してデーモン化に触れてみる

  • 公開:
  • カテゴリ: linux
  • タグ: Linux,Supervisor

プロセス制御システム である Supervisor を実際に動かしてみて、彼のことを理解しようとしてみました。 (内容はメモ書き扱いということで、網羅性はありません)

アジェンダ
  1. Supervisor(スーパーバイザー)
  2. 実行環境
  3. 管理対象を設定する
  4. supervisorctl コマンド
  5. 管理対象のプロセスの状態を確認する
  6. 管理対象を再起動する
  7. プロセスを落としてみる
  8. 設定を変更して反映する
  9. 一度 remove してから再度 add する
  10. ステータスが FATAL になったものを再度起動させる

Supervisor(スーパーバイザー)

Supervisor
http://supervisord.org/

スーパーバイザーは、ユーザーがUNIXライクなオペレーティングシステム上の多数のプロセスを監視および制御できるようにするクライアント/サーバーシステムです。

プロセスを監視して、落ちたら起動し直してくれたりするツール。

Supervisor を起動すると、設定している管理対象も一緒に起動してくれる。

実行環境

linux 環境があれば良いので Docker で適当に作成

Dockerfile
FROM amazonlinux:latest

# EPEL インストール
RUN amazon-linux-extras install -y epel

# supervisord インストール
RUN yum install -y supervisor

# 設定ファイル設置
COPY nginx.ini /etc/supervisord.d/nginx.ini

イメージをビルドして

# イメージをビルド
docker build -t amazon_linux_20210417 .

コンテナを起動する

# コンテナ起動
docker run -d --privileged amazon_linux_20210417 /sbin/init

# コンテナ ID 出力
-> e17xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

出力されたコンテナ ID を指定してコンテナの中に入る

# コンテナの中に入る
docker exec -it e17 /bin/bash

Supervisor の起動完了

# バージョン確認
$ supervisorctl version
3.4.0

管理対象を設定する

nginx を管理対象にして操作していく。

nginx.ini
[program:nginx]
command=/usr/sbin/nginx -g "daemon off;"
autostart=true
autorestart=true

.ini じゃなくて .conf が良ければ、supervisord.conf の最下部に include があるのでそこを変更する。

/etc/supervisord.conf
[include]
files = supervisord.d/*.ini

supervisorctl コマンド

スーパーバイザーを操作するには supervisorctl コマンドを使っていく。

Running supervisorctl - Supervisor 公式
http://supervisord.org/running.html#supervisorctl-command-line-options

管理対象のプロセスの状態を確認する

supervisorctl status ... で管理対象のプロセスの状態を確認できる

status <name>      単一プロセスのステータスを取得する
status <gname>:* グループ内のすべてのプロセスのステータスを取得する
status <name> <name> 複数の名前付きプロセスのステータスを取得する
status すべてのプロセスステータス情報を取得する

nginx の状態を確認してみます。

$ supervisorctl status
nginx RUNNING pid 136, uptime 0:34:04

RUNNING しっかり動いてる。

管理対象を再起動する

supervisorctl restart ... でプロセスの再起動ができる

restart <name>     プロセスを再起動します
restart <gname>:* グループ内のすべてのプロセスを再起動します
restart <name> <name> 複数のプロセスまたはグループを再起動します

nginx を再起動してみます。

# 再起動を実行
$ supervisorctl restart nginx
nginx: stopped
nginx: started

# ログ
2021-04-17 07:12:27,752 INFO waiting for nginx to stop
2021-04-17 07:12:27,767 INFO stopped: nginx (exit status 0)
2021-04-17 07:12:27,771 INFO spawned: 'nginx' with pid 152
2021-04-17 07:12:37,814 INFO success: nginx entered RUNNING state, process has stayed up for > than 10 seconds (startsecs)

再起動されました。

プロセスを落としてみる

プロセスを何度か落としてみましたが、何度でも這い上がってくる感じがさすがデーモン化といったところ。

何度プロセスを落としても起動するnginx

これがスーパーバイザーの力か。恐るべしデーモン閣下。

設定を変更して反映する

nginx の管理設定項目を変更してそれを適用させてみます。

設定ファイルを変更しただけでは適応されないので反映してあげる必要がある。

/etc/supervisord.d/nginx.ini
[program:nginx]
command=/usr/sbin/nginx -g "daemon off;"
autostart=true
autorestart=true

# 起動後設定値(秒)より早くプロセスが終了した場合は起動失敗とする
startsecs=10

# 起動失敗時のリトライ回数。この回数を超えると FATAL 状態となり起動施行をストップする
startretries=2

下の 2 を新たに設定値に加えました。

startsecs
起動後設定値(秒)より早くプロセスが終了した場合は起動失敗とする
startretries
起動失敗時のリトライ回数。この回数を超えるとステータスが FATAL になって起動をストップする

Section Settings
http://supervisord.org/configuration.html#program-x-section-settings

変更を反映するには update を使う。プロセスが再起動されて新しい設定値も読み込まれる。

$ supervisorctl update nginx
nginx: stopped
nginx: updated process group

一度 remove してから再度 add する

nginx を Supervisor の管理対象から外したのち、再度管理対象にしてみます。

stop でプロセスを止めます。

$ supervisorctl stop nginx
nginx: stopped

remove で管理対象から外します。

$ supervisorctl remove nginx
nginx: removed process group

この状態から start でプロセスを開始させようとすると、管理対象から外れているのでエラーになります。

$ supervisorctl start nginx
nginx: ERROR (no such process)

再度管理対象とするには add を使います。

$ supervisorctl add nginx
nginx: added process group

再度 nginx が起動します。

ちなみに、remove していようが Supervisor 自体を再起動したら起動します。

ステータスが FATAL になったものを再度起動させる

起動に失敗して FATAL になった管理対象ってどうやって復帰させるんだろう。という事で確認。

現在、FATAL の状態

$ supervisorctl status
nginx FATAL Exited too quickly (process log may have details)

手動で起動させるには start で行う

start <name>       プロセスを開始します
start <gname>:* グループ内のすべてのプロセスを開始します
start <name> <name> 複数のプロセスまたはグループを開始する
start all すべてのプロセスを開始します

nginx を起動してみます。

$ supervisorctl start nginx
nginx: started

FATAL ステータスの nginx を起動できました。

まとめ

Supervisor 実際に触ってみたら操作はとてもシンプルでした。

supervisorctl コマンドは add/start とか、reload/reread/update みたいな、シンプルゆえに雰囲気で触ってると意外とどれがどういう動きをするのかわからないなと思ったので、実際に触ってみて確認して理解が深まったことは収穫でした。