RitoLabo

AWS EC2インスタンス起動のためにVPC・サブネット・インターネットゲートウェイ・ルートテーブルの設定を行う

  • 公開:
  • 更新:
  • カテゴリ: AWS
  • タグ: AWS,EC2,VPC,Subnet,InternetGateway,RoutesTable,PublicIP

AWSアカウントを作り、アカウントの初期設定も終えました。さあではEC2を立ち上げよう!と言いたいところですが、 EC2インスタンスを作成する前に行っておく事があります。 今回はEC2インスタンスを起動する為の前段設定として、 VPC、サブネット、インターネットゲートウェイ、ルートテーブルの作成などを行います。
作業手順としては、以下になります。

  1. VPCの作成
  2. サブネットの作成
  3. インターネットゲートウェイの作成
  4. ルートテーブルの作成
  5. パブリックIPアドレスの割り当て

それでは始めましょう。操作は管理用のIAMユーザで、リージョンは東京で行います。

VPCの作成

まずはAmazon VPCのページへ移動します。
左上の「サービス」をクリックし、サービス一覧から「ネットワーキング & コンテンツ配信」の「VPC」をクリックします。

VPCサービスへ

VPCダッシュボードへ移動したら、左側のナビゲーションから「VPC」をクリックします。

VPCページへ

VPCページへ遷移したら、「VPCの作成」ボタンをクリックします。

「VPCの作成」ボタンをクリック

VPCの作成フォームが表示されますので、「名前タグ」「IPv4 CIDR ブロック」を入力し「はい、作成する」ボタンをクリックします。

VPCの作成フォーム

名前タグ
任意の名前
IPv4 CIDR ブロック
10.0.0.0/16
IPv6 CIDR ブロック
IPv6 CIDR ブロックなし
テナンシー
デフォルト

作成が完了するとダッシュボードの画面になりますので、正常にVPCの作成が完了した事を確認しつつ、 後で必要になるので、「VPC ID」をメモしておきましょう。

「VPC ID」をメモ

メモしたら、作成したVPCにチェックを入れ、「アクション」ボタンから、「DNSホスト名の編集」をクリックします。

「DNSホスト名の編集」をクリック

設定画面が開くので、DNSホスト名「はい」を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

DNSホスト名の編集画面

VPCの作成に関しては、これで完了です。

サブネットの作成

続いて、サブネットの作成を行います。
VPC ダッシュボード のナビゲーションから「サブネット」をクリックします。
サブネットは、2つ作成します。

サブネットページへ

パブリックサブネットの作成

まず、パブリックサブネットを作成します。
「サブネットの作成」ボタンをクリックします。

「サブネットの作成」ボタンをクリック

サブネットの作成フォームが表示されますので、「名前タグ」「VPC」「IPv4 CIDR ブロック」を入力し「はい、作成する」ボタンをクリックします。

サブネットの作成フォーム

名前タグ
任意の名前
VPC
作成したVPC
アベイラビリティーゾーン
ap-northeast-1a
IPv4 CIDR ブロック
10.0.1.0/24

サブネットの一覧に、作成したサブネットが表示されていれば、パブリックサブネットの作成は完了です。

プライベートサブネットの作成

続いて、プライベートサブネットの作成を行います。
手順は先ほどと同じです。「サブネットの作成」ボタンをクリックします。

「サブネットの作成」ボタンをクリック

サブネットの作成フォームが表示されますので、「名前タグ」「VPC」「IPv4 CIDR ブロック」を入力し「はい、作成する」ボタンをクリックします。

サブネットの作成フォーム

名前タグ
任意の名前
VPC
作成したVPC
アベイラビリティーゾーン
ap-northeast-1a
IPv4 CIDR ブロック
10.0.10.0/24

サブネットの一覧に、作成したサブネットが表示されていれば、プライベートサブネットの作成は完了です。

これでパブリックサブネットとプライベートサブネットの作成が完了しました。
一覧を確認し、作成したサブネットが2つ確認できたら、サブネットの作成は完了です。

サブネット一覧画面

インターネットゲートウェイの作成

次に、インターネットゲートウェイを作成します。
VPC ダッシュボード のナビゲーションから「インターネットゲートウェイ」をクリックします。

「インターネットゲートウェイ」をクリック

「インターネットゲートウェイの作成」をクリックします。

「インターネットゲートウェイの作成」をクリック

インターネットゲートウェイの作成フォームが表示されますので、「名前タグ」を入力し「はい、作成する」ボタンをクリックします。

インターネットゲートウェイの作成フォーム

インターネットゲートウェイが正常に作成されたことを確認します。そして、IDをメモしておきます。

インターネットゲートウェイが正常に作成されたことを確認

IDをメモしたら、作成した項目を選択し、「VPCにアタッチ」をクリックします。

「VPCにアタッチ」をクリック

「VPCにアタッチ」のフォームが表示されますので、作成したVPCを選択し、「はい、アタッチする」ボタンをクリックします。

「はい、アタッチする」ボタンをクリック

アタッチが完了したら、一覧から作成したインターネットゲートウェイを確認します。
「状態」が「attached」になっていれば完了です。

「状態」が「attached」になっていれば完了

ルートテーブルの作成

続いて、ルートテーブルの作成を行います。 VPC ダッシュボード のナビゲーションより「ルートテーブル」をクリックします。

「ルートテーブル」をクリック

ルートテーブルの一覧が表示されると、気づきましたでしょうか?
実は、VPCを作成した時に、同時にルートテーブルも作成されています。
ルートテーブルは2つ作成しますので、これも使っていきます。

プライベートサブネットに関連付けるルートテーブルの設定

まずは、先ほど確認したルートテーブルにプライベートサブネットを設定していきます。
まず、一覧の「名前」の欄が空白になっているので、任意の名前を入力しましょう。 空白の部分をクリックすると入力画面が現れます。

ルートテーブルの名前設定

名前を入力したら、一覧からそのルートテーブルを選択状態にし、 下部「サブネットの関連付け」タブをクリック後、「編集」ボタンをクリックします。

サブネットの関連付け - 編集

作成したサブネットのうち、プライベートサブネットを選択し、「保存」をクリックします。

プライベートサブネットを選択

一覧から設定したルートテーブルを選択すると、プライベートサブネットが関連付けられていることが確認できます。

ルートテーブルとプライベートサブネットの関連付け確認

パブリックサブネットに関連付けるルートテーブルの作成

続いては、パブリックサブネットに関連付けるルートテーブルを作成します。
「ルートテーブルの作成」をクリックします。

「ルートテーブルの作成」をクリック

ルートテーブルの作成フォームが表示されますので、「名前タグ」「VPC」を入力し「はい、作成する」ボタンをクリックします。

ルートテーブルの作成フォーム

名前タグ
任意の名前
VPC
作成したVPC

作成が完了したら、その作成したルートテーブルを一覧で選択後、下部のタブ「ルート」をクリック後、「編集」をクリックします。

「ルート」をクリック後、「編集」をクリック

「別ルートの追加」をクリックし、「送信先」に「0.0.0.0/0」を、 「ターゲット」に「インターネットゲートウェイのID(igw-XXXXXXXX)」を入力し、 「保存」ボタンをクリックします。

別ルートの追加

ルートの保存が完了したら、次は「サブネットの関連付け」タブをクリックし、「編集」をクリックします。

サブネットの関連付け

パブリックサブネットを選択し、「保存」ボタンをクリックします。

パブリックサブネットを選択

保存完了後、一覧を確認しましょう。
ルートテーブルがパブリックサブネットに関連付けられていたら完了です。

ルートテーブルがパブリックサブネットに関連付けられていたら完了

ルートテーブルの作成はこれで完了になります。

パブリックIPアドレスの割り当て

最後に、EC2作成時に自動的にパブリックIPアドレスを割り当てるよう設定します。
VPC ダッシュボード からナビゲーション「サブネット」をクリックします。

サブネットページへ

パブリックサブネットを選択した状態で「サブネットのアクション」ボタンをクリックし、 「自動割り当てIP設定の変更」をクリックします。

自動割り当てパブリックIPの変更

自動割り当てIP設定の変更フォームが表示されたら、 IP の自動割り当て「パブリック IPv4 アドレスの自動割り当てを有効にする」にチェックを入れ「保存」ボタンをクリックします。

パブリック IPv4 アドレスの自動割り当てを有効にする

変更成功のダイアログが出たら、変更完了です。

変更成功のダイアログ

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上でEC2インスタンスを起動する為の前段設定は完了となります。
実はこれらは、EC2インスタンスの作業時に設定・作成を行う事も出来ます。
ですが、EC2の立ち上げの為にこれらの作業を脇道にそれて行っていては煩雑になりますし、混乱します。
予めこれらのネットワーク設定を行っておくことで、複数のEC2インスタンスを立ち上げる時などはただ選択すればよいのでとてもスムーズに作業が捗ります。