RitoLabo

カテゴリ CakePHP

CakePHP3のFormHelper入門編&フォームHTML出力を独自テンプレートで行う

  • PHP

CakePHP3には、フォームを作成する際にFormHelperという機能を使うと、フォーム作成が簡単に行えます。直接HTMLのFORMを書かなくても必要な制約をつけた上で生成してくれるので実装漏れも防げて幸せになれます。今回はCakePHP3のFormHelperの入門を行い、その後で、フォームHTMLを独自テンプレートで出力するまでを行います。

CakePHP3のアソシエーションでリレーション(JOIN)を行いデータを取得する

  • PHP

CakePHPを使ってWEBアプリケーションを構築する際に避けて通れないのが「アソシエーション」という機能です。この機能はモデル自体をつなぐ(関連付ける)事でテーブルのリレーションを簡単に行えるようにするものですが、要するにリレーションです。アソシエーションに関してのイメージ、考え方も含めて使い方を解説します。

CakePHP3でのクエリビルダ記法まとめ[QueryBuilder/QueryExpression]

  • PHP

CakePHP3のクエリビルダーの記法をここにまとめています。CakePHP3はバージョンによって多少の違いがあります。ここに記載されているのはCakePHP3.5時点での記法です。

CakePHP3のテンプレート基本記法とレイアウトを用いたビュー開発を行う

  • PHP

MVCの「V」=「View」にあたる画面表示部分の構築を、CakePHP3では「テンプレート」と呼ばれる領域のファイルを作成する事で進めていきますが、いくつもあるビューテンプレートの中の共通部分を切り出し「レイアウト」という領域のファイルにまとめておく事ができます。今回は、テンプレートの基本的な記法とレイアウトを用いてビュー開発を行います。

CakePHP3のMVC入門[Model]モデル[Table/Entity]を用いデータベースからデータ取得を行い表示させる

  • PHP

CakePHP3は、それが定める命名規則に沿ってbakeコマンドでクラス・ファイルを作成していくと、各々が規則によって呼応し合い、動作するPHPフレームワークです。前回の記事では、MVCの中のコントローラとビューを使い、HelloWorldの表示までを行いました。今回は、MVCの「M」=「Model」モデルを使い、データベースからデータを取得し表示するまでを行います。