RitoLabo

Apache2.4セキュリティ「mod_headersモジュールでX-Frame-Optionsレスポンスヘッダの設定を行いクリックジャッキング攻撃対策を行う」

  • linux

WEBサーバのセキュリティ対策とは、常に小さな事の積み重ねですが、X-Frame-Options HTTPレスポンスヘッダとは、外部サイトからのiframeの読み込み許可範囲を設定できるものです。この設定を行う事で、クリックジャッキング攻撃対策を行う事が出来ます。

Apache2.4セキュリティ「HTTP TRACEメソッドを無効化しCross-SiteTracing(XST = クロスサイトトレーシング)対策を行う」

  • linux

Apacheはデフォルトで「HTTP TRACEメソッド」という機能が有効になっています。この機能が有効な場合、サイトにXSS(クロスサイトスクリプティング)の脆弱性があった場合、Cross-Site Tracing(XST)という攻撃リスクが高まる可能性がありますので、無効化します。

Apache2.4セキュリティ「iconsディレクトリ対策」を行い、不要なコンテンツ表示を無効化する

  • linux

iconsディレクトリは、デフォルトコンテンツで使う画像などが設置されているディレクトリです。デフォルトページを非表示にした場合不要なディレクトリとなりますが、このディレクトリが有効な場合、そこに含まれるREADMEファイルなども表示されてしまうので無効化してしまいましょう。

Laravelのフォームリクエストクラスでバリデーションロジックをコントローラから分離する

  • PHP

今回はLaravelのフォームリクエストクラスを使ってバリデーションロジックをコントローラから分離します。案件によってはフォームの項目が多かったり複雑なバリデーションが必要だったりなど、コントローラにそのままバリデーションを書くと無駄に肥大化してしまい、数か月後に見て萎える状況が目に浮かびます。そんな時は、バリデーションロジックをコントローラから分離させましょう。見通しが各段に良くなります。

Laravelのvalidationメソッドでバリデーションを実装する入門編(日本語エラーメッセージ付き)

  • PHP

【5.7対応済み】Laravelではフォーム処理の剛健性高めるべく、validationメソッドが用意されています。これを使う事で私たちは簡単に複雑なバリデーションを実装する事が出来ます。日本語でのエラーメッセージ表示も含め、今回は入門編として基本型のバリデーションを実装していきます。