RitoLabo

アーカイヴ 2018-03

【PHP】PSR-6 Caching Interface(キャッシングインターフェイス)

  • PHP

PSR-6は、PHPにおけるキャッシュ操作(システム・ライブラリ作成)についての標準を策定しています。このPSRの目的は、開発者がカスタム開発を必要とせずに既存のフレームワークとシステムに統合できるキャッシュ対応ライブラリを作成できるようにすることです。

【PHP】PSR-4 Autoloader(オートローダー)

  • PHP

PSR-4の目的は、ネームスペースをファイルシステムパスにマップし、他のSPL登録オートローダーと共存できる相互運用可能なPHPオートローダーのルールを指定することです。 これはPSR-0に代わるものではありません。

【PHP】PSR-3 Logger Interface(ロガーインタフェース)

  • PHP

PSR-3では、ロギングライブラリの共通インタフェースについて定義されています。ライブラリが Psr\Log\LoggerInterface オブジェクトを受け取り、ログを簡単で共通化された方法で書き込むことができるようにすることが、このドキュメントの目的です。フレームワークやCMSを拡張する際もPSR-3に準拠することによって、ログライブラリはロギングに集中する事が出来ます。

CakePHPのシェルとタスクでcron定時処理を実装する。ついでにデータベースバックアップも。

  • PHP

WEBアプリケーション開発の中でデータベースのバックアップなどの裏で走らせる定時処理を構築する要件というのは少なくありません。昔であればシェルスクリプトを書いたり、フレームワークを使わない素のプログラミング言語を使って書いたりしていましたが、PHPフレームワークを使うとそれらも簡単に構築・登録・稼働を行う事が出来ます。

Laravelのクエリビルダ記法まとめ(QueryBuilder/DB Facade)

  • PHP

クエリビルダとは、データベースからレコードを取得する際にSQL文を組み立てて問い合わせを行いますが、それを簡単に組み立てる事の出来る機能です。SQL文に詳しくなくても、この機能によって適切な書式で問い合わせを行える為、とても便利な機能です。今回はLaravelのQueryBuilderについて、その機能を入門レベルでもわかるように公式よりもう少しだけ噛み砕いて記載してあります。